大久保建佑の雑学ブログ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

どうもこんにちわ、大久保建佑です☆日々貯めた雑学を書き留めていくブログです♪歴史が多めです。詳しくは→ツイプロ; http://twpf.jp/OkuboZatugaku

【歴史】冠位十二階は何のために作られた??

どうもこんにちは☆大久保建佑です

雑学のブログです♪♪

 

「冠位十二階」は聖徳太子の頃の制度一つですね。

 

この制度の目的は主に2つで、、

 

 

①有能な人材の登用

②外交を対等に勧める為

 

だったようです。

基本的にこういったルールは、逆の状況を打破するために作られます。

 

 

①有能な人材の登用

実力や実績に応じて冠を与えて、生まれや貴賎に関係なく、人材を登用する為です。

逆にそれまでは、基本的に氏姓制度だったようです。

ある意味、実力があればのし上がれる時代になった。

 

冠は1代限り、世襲ではないのがポイントです。

冠という制度は面白くて、

それまでの生い立ちや家系には関係ないのです。

 

現代にもこういったことがありますよね。

もともと裕福な家系の人と貧乏な家系の努力した人の戦い。

この時代からあったんでしょうね。

 

個人的には貧乏な家系に生まれても、

努力して

のし上がってきた方を応援したくなります。

 

 

②外交を対等に行う

これは中国の随と交易を行なっていた時に、

誰が対応するかを決めるためにあったようです。

誰が代表かわかりやすくするという意味があったのでしょう。

 

これは推測ですが、

海を渡るのって結構怖いし、危ないと思うのですね。

世襲の方は行きたがらないでは、と思うわけです。

 

位の高い人を量産する意味もあったのではないでしょうか?? 

 

長時間労働とか、名ばかり管理職とか、

現代の社会問題に通ずるものがありますね。

 

冠位十二階 - Wikipedia

諸説あり


大久保建佑